読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球Wikipedia

戦後のプロ野球選手のデータをどんどん更新していきます

2000安打目前で引退!イチローも認める「天才」《谷佳知》

           【谷佳知

オリックス・バファローズ #10
Taniyoshitomo bs 20150505.JPG
2015年5月5日 神戸第二サブ球場で撮影。
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府東大阪市
生年月日 1973年2月9日(42歳)
身長
体重
173 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1996年 ドラフト2位
初出場 1997年5月11日
最終出場 2015年10月3日
年俸 2,250万円(2015年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 1996年2004年

 

 

【経歴】

 

①プロ入り前

 

高校は香川県尽誠学園高等学校に進学。

2年生時に第71回全国高等学校野球選手権大会に1番右翼手として出場し本塁打を放つをなどベスト4進出に貢献した。

 

卒業後は大阪商業大学に進学。

関西六大学リーグ通算83試合出場、282打数104安打、打率.369、7本塁打、44打点。

3年秋に打率.565、26安打のリーグ新記録を樹立し関西六大学リーグ三冠王になり最優秀選手に選ばれた。

ベストナイン3度受賞。

  

 

三菱自動車岡崎では1995年の第66回都市対抗野球大会で若獅子を受賞。

同年のオリンピック予選でMVPを獲得。翌1996年のアトランタオリンピック野球日本代表に選ばれ銀メダル。

www.youtube.com

アトランタ五輪 野球日本代表HR集 2/3 - YouTube

 

 

オリックス時代

 

1996年、オリックス・ブルーウェーブから2位指名を受けて入団。背番号は10に決まった。

  

 

▶︎1997年

開幕一軍入りこそ果たせなかったもののシーズン序盤に登録され、5月11日の近鉄バファローズ戦で8番・中堅手としてスタメン起用されプロ入り初出場を果たす。

5月25日に千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初ヒット、8月1日に対近鉄戦でプロ初本塁打を記録した。

規定打席到達はならなかったが、ルーキーながらシーズンを通して101試合に出場した。

 

▶︎1998年

132試合に出場し、規定打席にも到達。

打率.284、10本塁打を記録し、プロ2年目ながらセンターのレギュラーを勝ち取った。

 

▶︎1999年

134試合に出場、リーグ5位となる打率.291を記録するなどし、初のベストナインにも選出された。

また、前年1盗塁ながら同年は24盗塁を記録。盗塁死はわずか2で高い成功率を収めた。

この年は一塁手として出場することも多かった。

 

▶︎2000年

134試合に出場、打率、本塁打ともに前年より成績を落とすが、自己最多の73打点を記録。前年より成功率は下げたが23盗塁を記録した。

前年に引き続き、度々一塁手として起用された。

 

▶︎2001年

136試合に出場、プロ入り初の打率3割(.325、リーグ5位)を記録し、打点、本塁打、盗塁、いずれも自己最高を記録した。

また、シーズンを通して52本の二塁打を放ち、日本記録を樹立。

初のゴールデングラブ賞を受賞した。

 

▶︎2002年

レギュラー定着後以降最小の5本塁打に終わったが、前年を上回る打率.326(リーグ4位)を記録。

自己最多の41盗塁を記録し、初の盗塁王を獲得。盗塁死も僅かに4で成功率.911と40盗塁以上では歴代2位という高い数値を残した。

 

▶︎2003年

シドニー五輪柔道金メダリスト田村亮子と結婚。

シーズンでは137試合に出場し、9月には自身初の月間MVPを受賞した。

また、シーズンを通して189安打を放ち最多安打のタイトルを獲得し、パ・リーグの右打者としての安打記録を更新。

リーグ2位となる打率.350を記録し、本塁打も自己最多の21本を放つ好成績を上げる。

センターの守備では、自己最多捕殺と2ケタ失策を同時に記録した。

 

▶︎2004年

中堅手のポジションをFAで移籍してきた村松有人に譲り、守備負担の少ない左翼手で安定した成績を残す。

アテネオリンピック野球日本代表に選ばれ、銅メダルを獲得するも、準決勝戦で負傷してしまう。

残りシーズンはほとんど試合に出場できなかったが、規定打席に到達。4年連続で打率3割を達成する。

同年末の分配ドラフトを経てオリックス・バファローズへ。

 

▶︎2005年

打順は主に1番と3番、守備位置はセンターで起用される。

しかし腰のケガの影響もあり、規定打席には 到達したものの111試合の出場にとどまった。

打率は.248で2000年以来5年ぶりに3割に届かず、盗塁においても盗塁数よりも盗塁死の方が上回ってしまった。

 

▶︎2006年

肘の故障などもあり、規定打席には到達したものの118試合の出場にとどまる。

打率.267、6本塁打、30打点と2年連続で不本意な成績に終わった。とくに打点、盗塁はプロ入り最小だった。

www.youtube.com

1997年 オリックス谷佳知 プロ初安打とイチローにいじられる谷佳知 - YouTube

 

 

③巨人時代

 

2006年オフ、交換トレードで読売ジャイアンツへ移籍。

背番号は仁志敏久が着用していた8に決まった。

推定年俸は前年から1億3000万円ダウンとなる大幅ダウンとなった。

 

 

▶︎2007年

開幕から不動の2番・左翼手として活躍。

自己最多の141試合に出場し、シーズンを通して高打率を維持してリーグ3位、チームトップの打率.318をマーク。

自身3年ぶりの打率3割、3年ぶりの2ケタ本塁打(10本)を記録。得点圏打率は3割7分を超えた。盗塁も2ケタにのせるなど過去2年の不振から完全に復活した。

シーズン終了後に肘の遊離軟骨除法手術を受けた。

 

▶︎2008年

ヤクルトから左翼手アレックス・ラミレスが加入したため、中堅手へ再コンバートされる。

守備の負担が多くなったためか打撃不振に陥り、他選手の打撃好調もありレギュラーを奪われる。

代打で起用されるうちに徐々に本来の打撃を取り戻し、主力選手のケガによる離脱後はスタメンに復帰し、安定した成績を残している。

6月3日、オリックス戦で本塁打を放った事で13球団から本塁打を記録した。

 

▶︎2009年

右翼手での起用が主となり、6番・右翼手に定着するとともに打撃の調子も上げた。

8月は月間打率.375、9月は.456と打ちまくり、優勝に向けたラストスパートに貢献した。

若手外野手が台頭したため、出場試合数こそ巨人移籍後最小だったが、打率は.331をマークし、得点圏打率は4割に達した。

10月24日に行われた中日とのクライマックスシリーズ2ndステージ第4戦では、プロ入り初の満塁本塁打を放った。

 

▶︎2010年

 高橋由伸の復帰や新人長野久義が加入しポジション争いが激戦となる。

出場機会を求め春季キャンプから、外野と平行して一塁手の守備練習にも取り組んだ。

5月9日、約10年ぶりの一塁手での公式戦出場となる6番ファーストでスタメン出場を果たした。

4月24日の木村拓也の追悼試合では代田で満塁本塁打を放ち、ヒーローインタビューでは涙ながら思いを語った。

しかしシーズン通して調子が上がらず、結果的に84試合出場とプロ入り後最小の出場に留まった。

去年高い数字を残した打率.238、得点圏は.176と移籍後最低の成績に終わった。

www.youtube.com

木村拓也に捧げる初満塁HR 谷佳知 - YouTube

 

www.youtube.com

木村拓也「追悼試合」 谷佳知、涙のヒーローインタビュー - YouTube

 

▶︎2011年

前年と変わらない激しい外野手ポジション争いだったこともあり、代打での起用が多くなる。

幾多の場面で出場を重ねるも、打率は安定せず9月28日に登録抹消となる。

10月8日に再び出場を重ね、最終的には打率.274にまで上げるも、プロ入り初となるシーズン無本塁打に終わった。

 

▶︎2012年

矢野謙次の負傷や、新外国人のジョン・ボウカーや松本哲也の不振により、序盤は2番で起用されるなどスタメン出場の機会も多く、2年ぶりに本塁打も放った。

しかし、松本の復調や矢野の復帰、西武から移籍してきた石井義人が代打の切り札として起用されこの年驚異的な打率を残した。

そのため、出番は次第に少なっていったが、代打勝ち越しタイムリーを放つなど随所で活躍を見せた。

最終的には打率以外は前年の成績を上回る活躍を見せ、チームの3年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

クライマックスシリーズ日本シリーズでは、代打で出場した。

 

▶︎2013年

キャンプ、シーズン共に二軍スタートとなり、二軍で一時期は4割を超える驚異的な打率を残していたが、腰痛もあって昇格は遅くていた。

6月下旬に昇格し、6月30日のヤクルト戦でシーズン初安打、初打点を記録した。

しかし、その後は二軍に降格し、それ以降は昇格がないままレギュラーシーズンを終えた。

リーグ戦終了に一軍に合流し、クライマックスシリーズでは出番はなかったが、日本シリーズでは代打で出場した。

日本シリーズ終了の翌日の11月4日に球団から戦力外通告を受ける。

 

 

オリックス復帰

 

2013年12月10日、オリックス・バファローズが谷の獲得を発表した。

背番号は前回在籍時と同じ10に決まった。谷にとっては、8年振りの復帰になる。

 

 

▶︎2014年

北海道日本ハムファイターズ戦の開幕戦において(5番・左翼手)として6年ぶりの開幕スタメン出場を果たした。

しかしその後打撃不振から4月20日に出場選手登録を抹消され、そのまま最後まで昇格はないままシーズンを終えた。

最終的に9試合の出場でわずか2安打に終わり、打点を記録することはできないなどオリックス復帰1年目は不本意な成績で終えた。

 

▶︎2015年

9月16日、会見を開き、今季限りでの現役引退を発表。

10月3日、引退試合(対ソフトバンク戦)で代打で登場し、現役最終打席を通算1928本目の安打で締めくくった。

www.youtube.com

谷佳知 引退試合 最終打席でヒット!2015/10/3 - YouTube

 

▶︎個人年度別成績はこちら(2015年終了現在)※太字はリーグ最多。赤字は日本記録。


 
所属球団
 

 

 

 

 







 

 

 



 

 

 

 

 



 




1997 オリックス 101 341 309 36 84 21 4 1 116 33 5 4 4 2 25 1 45 5 .272 .375 .326
1998 オリックス 132 532 476 59 135 19 1 10 186 45 1 3 7 5 41 3 36 11 .284 .391 .341
1999 オリックス 134 594 532 81 155 17 4 11 213 62 24 2 8 4 48 2 40 13 .291 .400 .350
2000 オリックス 134 584 529 78 150 26 3 9 209 73 23 9 1 7 43 4 71 14 .284 .395 .338
2001 オリックス 136 619 547 99 178 52 3 13 275 79 27 7 1 3 65 3 49 15 .325 .503 .398
2002 オリックス 138 579 524 49 171 31 1 5 219 39 41 4 0 4 47 4 44 12 .326 .418 .383
2003 オリックス 137 606 540 86 189 37 1 21 291 92 9 2 0 7 58 1 41 18 .350 .539 .409
2004 オリックス 96 431 378 58 120 27 1 15 194 63 10 4 2 5 44 2 42 11 .317 .513 .387
2005 オリックス 111 461 435 41 108 18 1 6 146 36 3 4 0 0 24 2 48 11 .248 .336 .291
2006 オリックス 118 469 434 45 116 16 0 6 150 30 1 2 0 3 30 2 41 15 .267 .346 .316
2007 読  売 141 595 541 63 172 31 0 10 233 53 10 2 20 1 30 3 48 10 .318 .431 .357
2008 読  売 120 373 349 33 103 17 0 10 150 45 5 1 6 0 17 1 43 6 .295 .430 .330
2009 読  売 101 316 287 35 95 23 1 11 153 48 3 1 3 1 22 3 44 4 .331 .533 .383
2010 読  売 84 195 176 16 42 6 0 2 54 10 2 3 4 1 13 1 32 4 .239 .307 .293
2011 読  売 83 142 135 9 37 4 1 0 43 7 2 1 1 2 4 0 30 3 .274 .319 .291
2012 読  売 89 255 229 19 59 5 0 3 73 22 1 2 11 1 14 0 48 5 .258 .319 .299
2013 読  売 13 31 28 2 7 2 0 0 9 1 0 0 1 0 2 0 4 2 .250 .321 .300
2014 オリックス 9 20 16 1 2 2 0 0 4 0 0 0 0 0 3 1 5 0 .125 .250 .300
2015 オリックス 11 32 27 5 5 1 0 0 6 3 0 0 0 0 4 1 2 0 .185 .222 .313
  通 算 1888 7175 6492 815 1928 355 21 133 2724 741 167 51 69 46 534 34 713 159 .297 .420 .351

 

 

【タイトル】

盗塁王:1回(2002年)

最多安打:1回(2003年)

 

 

【表彰】

ベストナイン:5回(1999年、2001年~2004年)

ゴールデングラブ賞:4回(2001~2004年)

・月間MVP:1回(2003年9月)

オールスターゲーム優秀選手賞:1回(2004年第2戦)

 

 

【引退特集】

 

 ▶︎引退後はどうなる・・??

日刊ゲンダイ|巨人とオリに信奉者多し 引退表明の谷佳知めぐり“争奪戦”

 

▶︎引退会見の全文

谷佳知「僕以上の選手を育てたい」ファンに愛された19年 引退会見全文 - スポーツナビ

 

www.youtube.com

谷佳知 引退会見 木村拓也への思い オリックスバファローズ Sep 17, 2015 - YouTube

 

www.youtube.com

【プロ野球パ】支えてくれた、全ての人へ…現役引退の谷がスピーチ 2015/10/03 Bs-H - YouTube

 

 

【その他の情報】

 

・早いカウントから打にいく積極性を持ちながら、追い込まれた後でもミートできるバットコントロールを持ち味とし、三振が少ない。2003年には2ストライク後打率.351を記録。

 

・外野守備では俊足を生かした広い守備範囲と強肩を誇り、2001年から2004年にかけて4年連続でゴールデングラブ賞を獲得する活躍を見せるなど、オリックス時代にはイチロー田口壮とともに鉄壁の外野陣を形成している。