読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球Wikipedia

戦後のプロ野球選手のデータをどんどん更新していきます

甲子園 1試合22奪三振左腕!12球団最年少の守護神 楽天《松井裕樹》

松井裕樹

 

東北楽天ゴールデンイーグルス #1
松井裕樹20140715.JPG
2014年7月15日、京セラドーム大阪にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 1995年10月30日(19歳)
身長
体重
174 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 ドラフト1位
初出場 2014年4月2日
年俸 2,500万円(2015年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本代表

 

 

【経歴】

 

①とにかく三振の山を築いた高校時代

 

神奈川県横浜市出身。

小学2年生から野球を始め「元石川サンダーボルト」に所属。

中学時代は「青葉緑東シニア」に所属し、3年時に全国大会で優勝を果たした。

 

桐光学園高校へ進学し、1年秋からエースを務める。

2年夏の神奈川県大会準々決勝では前年まで3季連続優勝の横浜高校から11奪三振

決勝戦では桐蔭学園から15奪三振を奪い、チーム5年ぶりに甲子園出場を決めた。 

 

 

 第94回全国高等学校野球選手権大会1回戦の今治西高校戦では大会史上最多の10連続三振1試合22奪三振を記録。

2回戦の常総学院戦でも19奪三振をあげて2試合41奪三振、これまで坂東英二が持っていた2試合合計での最多奪三振を更新した。

2試合連続の毎回奪三振は、2000年の坂元弥太郎が記録して以来、史上5度目のことであった。

3回戦の浦添商業戦では12奪三振、準々決勝の星光学院戦では15奪三振を奪った。

大会通算成績は36イニングを投げ防御率2.25、奪三振率17.00。1大会通算68奪三振夏の甲子園では歴代3位の記録であり、左腕投手としては2005年に辻内崇伸が記録した65奪三振を更新し1大会での史上最多記録となった。

 

www.youtube.com

松井裕樹(桐光学園)甲子園での奪三振すべて見せます!一回戦22奪三振は圧巻! - YouTube

 

3年夏の神奈川大会では、準決勝の横浜高校戦で淺間大基、高濱祐仁から本塁打を浴び、8回を8安打3失点、10奪三振

自己最速の149km/hを記録する投球を見せるも敗退。

8月には、第26回AAA世界野球選手権大会日本代表に選出され、アメリカとの決勝を含む3試合に先発した。

 

www.youtube.com

松井裕樹の投球 18U世界野球選手権2013 決勝 - YouTube

 

 

②プロ入り後

 

2013年10月24日に行われたドラフト会議では当年度最多となる5球団が1位指名で競合し、抽選の結果楽天が交渉権を獲得した。

契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円(金額は推定)で仮契約した。

背番号は「自分の野球の原点は高校野球にある。そこで長くつけさせてもらった背番号でスタートしたいと思ったからです

という本人の希望で「1」に決まった。 

 

▶︎1年目(2014年)

新人から唯一、2007年の田中将大以来2人目となる最初から一軍キャンプに参加

先発要員として帯同したオープン戦では、13イニング連続無失点最速150km/hをマークするなど好投。

チーム事情で開幕一軍登録を逃したものの、一軍監督の星野仙一は、開幕直後から松井を先発陣の一角に組み込むを明言していた。 

4月2日のオリックス戦でプロ入り初先発、6回3失点で敗戦投手となっている。

4月16日のソフトバンク戦まで3連敗で2リーグ制以降の高卒新人では初となる初登板から3連敗。

 

www.youtube.com

【2014年4月2日】楽天・松井裕樹投手 プロ初登板の112球すべて見せます! - YouTube

 

7月2日のオリックス戦で2点リードで迎えた5回2死から登板し、プロ入り初勝利を記録した。

9度目の先発登板となった8月13日のソフトバンク戦で、7回4安打2失点で先発では初勝利となる2勝目を挙げた。

 

www.youtube.com

【プロ野球パ】松井裕樹、先発プロ初勝利の2勝目で連敗ストップ! 2014/08/13 H4-7E - YouTube

 

8月26日の西武戦でドラフト制導入以降の高卒新人では最長となる70回2/3イニング無被本塁打を達成し、48年ぶりに堀内恒夫の記録を更新。しかし、直後にエルネスト・メヒアに本塁打を打たれ、記録は71回1/3でストップした。

最終的に4勝8敗と負け越すが、奪三振126はパ・リーグ5位タイ、新人では両リーグ1位と奮闘した。

 

▶︎2年目(2015年)

抑えを務める予定だったキャム・ミコライオが故障で開幕に間に合わなくなったため、オープン戦の途中から抑えに抜擢された

3月28日の日本ハム戦でプロ初セーブを挙げた。

 

www.youtube.com

【プロ野球パ】“12球団最年少守護神”松井裕樹・今季初登板でプロ初セーブ 2015/03/28 F-E - YouTube

 

その後もセーブを積み重ね続け、8月4日の西武戦で23セーブ目を挙げて、2012年に青山浩二が挙げた22セーブを超えるシーズンセーブ数の球団記録を更新。

高卒2年目の記録では平井正史が1995年に挙げた27セーブを上回る、シーズン33セーブを挙げた。

登板数もリーグ5位の63試合に登板。同点やビハインド時にも率先して起用されることが多く、登板数の約半分がセーブの付かない場面であった。

要所を締める安定した投球で防御率0.87、奪三振数は投球回を大きく上回る103、セーブの付く場面での救援失敗は無しだった。

 

www.youtube.com

松井裕樹 スライダーで30セーブ達成2015/9/20 涙するファンも - YouTube

 

▶︎個人年度別成績はこちら(2015年シーズン終了現在)


 
所属球団
 

 

 





 





 

 


 
 



 

 

 

 



 




2014 東北楽天 27 4 8 0 3 1 0 0 .333 504 116   91 2 67 8 126 6 2 52 49 3.80
2015 東北楽天 63 3 2 33 12 0 0 0 .600 284 72 .1 37 3 28 2 103 3 0 7 7 0.87
  通 算 90 7 10 33 15 1 0 0 .412 788 188 .1 128 5 95 10 229 9 2 59 56 2.68

 

 

松井裕樹の魔球、スライダー!】

 

▶︎スライダー誕生

スライダーは高校1年時に「カウントを取る速い変化球がほしい」と独学で握りを研究し、手首に当たるとボールの縫い目の痕がつくほどのキレを誇る。

 

▶︎奪三振が多い理由

工藤公康は松井の奪三振が多い理由として、以下の三点を挙げている。

①「右肩が開き始めてからも左腕がなかなか出て来ず、ボールの出所が見づらい」

②「軌道が直球とスライダーの軌道が同じなので見分けが難しく、直球だと思ってバットを振ってしまう」

③ボールの回転数が多いため、打者の手元で急に曲がるように見える」

 

www.youtube.com

松井裕樹 キレキレのスライダー - YouTube

 

▶︎もう1つの魔球、チェンジアップ!

楽天・松井裕樹を支える2つの魔球|コラム|スポーツナビ

 

www.youtube.com

松井裕樹 スライダーだけじゃない!すごいチェンジアップとストレート - YouTube

 

 

【その他の情報】

 

・愛称は「まっちゃん」。この愛称は2014年の春季キャンプ開幕に際し、同じ松井姓である松井稼頭央が「(松井裕樹のことを)『松井』と呼ぶと、間違えて俺が振り向いてしまいそうになるので、(松井裕樹の)愛称を考えてほしい」と要望したのをきっかけに、チーム内で決まったものである。

 

・高校時代には驚異的な奪三振を記録した松井だが、本人は「三振にはこだわっていない。自分は勝てるピッチャーになりたい。球数が多くなると、どうしても勝ちには近づきにくい」と語っている。