読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球Wikipedia

戦後のプロ野球選手のデータをどんどん更新していきます

チーム最多の11勝!最速150km/hを誇る本格派サイドスロー右腕《十亀剣》

                                     【十亀剣

埼玉西武ライオンズ #21
20120310 Ken Togame pitcher of the Saitama Seibu Lions, at Seibu Dome.JPG
2012年3月10日、西武ドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県豊田市
生年月日 1987年11月7日(28歳)
身長
体重
183 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト1位
初出場 2012年5月30日
年俸 6,000万円(2016年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

 

 

【経歴】

 

①プロ入り前

 

愛知県豊田市出身。小学校4年生の時に野球を始め、中学時代は「豊田リトルシニア」でプレーした。

3年生の時に全国大会出場を経験した。

 

愛工大名電高校1年生の時に監督の指示で投球フォームを今までのオーバースローからサイドスローに変更した。

チームが優勝した3年生時の春の選抜大会では、準決勝の神戸国際大附高校戦に2番手で登板し、4回を投げ1失点だった。

夏の甲子園・全国大会1回戦の青峰高校戦では7回に2番手で登板し、同点の延長13回に決勝点となる2点を奪われ、チームは敗退した。

高校時代は2学年上に堂上剛裕、1学年上に丸山貴史、同級生に柴田亮輔、1学年下に堂上直倫、2学年下に柴田章吾がいた。

 

日本大学では1年生の春から東都リーグ戦に登板。

1部の大学通算成績は21試合50回1/3を投げ0勝1敗、防御率3.58で、2部通算では30試合に登板し7勝7敗だった。

 

 大学卒業後はJR東日本に入社。1年目、第81回都市対抗野球大会1回戦で救援登板し、1回を投げ無失点だった。

2年目の2011年、10月に行われた第39回IBAFワールドカップの日本代表に選出され、2試合での先発登板を含む3試合に登板した。

 

 

10月22日から行われた第82回都市対抗野球大会では3試合に先発登板、計14回1/3を投げ奪三振13、自責点3だった。

決勝のNTT東日本戦では、後に同僚となる小石博孝と投げ合い、自身は2回1/3を投げ降板した。

しかし、チームは勝利し初優勝した。この大会では大会優秀選手に選ばれた。

 

www.youtube.com

2011年 西武ドラフト1位 十亀 剣 投手 【第82回都市対抗決勝】 - YouTube

 

②プロ入り後

 

2011年10月27日に行われたドラフト会議で埼玉西武ライオンズ1巡目で指名された。

契約金1億円プラス出来高5,000万円、年俸1,500万円(金額は推定)で合意し、入団。

背番号は「21」に決まった。

 

 

▶︎2012年

2月23日に初の対外試合となった広島との練習試合に先発登板し、3回を完全に抑えた。

開幕2戦目で先発するプランがあったが、実施には開幕は二軍で迎えた。

5月30日の広島戦の7回にプロ初登板し、1回1/3を投げ無失点だった。

6月6日の中日戦では2点リードの6回に登板、2回を投げ無失点で初ホールドを記録。

同月24日のオリックス戦で1点ビハインドの7回に2番手で登板、2回の投げ無失点で、その後チームが逆転したため初勝利を挙げた。

7月19日に行われたフレッシュオールスターゲームではイースタン・リーグ選抜として8回に救援登板2失点だった。

10月3日の楽天戦で初先発し、6回0/3を投げ2失点で初先発勝利を挙げた。

ルーキーイヤーの1年目は、41試合に登板し負け無しの6勝でシーズンを終えた。

 

▶︎2013年

開幕を一軍で迎えた。

3月31日の日本ハム戦で先発登板し同年初勝利を挙げ、前年からの無敗での連勝を7とした。

なお、4月7日のオリックス戦に先発登板した際に負け投手となり、記録は7連勝で途絶えた。

同月22日の日本ハム戦で初完封勝利を挙げた。5月14日のヤクルト戦に先発登板し、3回にプロ初打席を迎え、結果は三振だった。

好調時と不調時の波があったものの、1年間ローテーションを守り切り8勝8敗防御率3.45の成績を残した。

 

▶︎2014年

開幕前に新監督の伊原春樹からクローザーに指名され、4月2日のロッテ戦でプロ初セーブを記録した。

しかし、チームの先発投手の駒不足もあり5月には先発に配置転換された。

その後股関節を痛めた影響で、7月6日のオリックス戦を最後に一軍での登板が無かった。

 

▶︎2015年

4月7日の日本ハム戦で先発し復帰登板を果たしたが、5回を投げ4失点で敗戦投手になった。

監督選抜によりオールスターゲームのメンバー入りした。

7月18日の第2戦において3番手として救援登板し、2回を投げ6失点(自責点5)だった。

シーズンでは、勝利数11と投球回数152回はどちらもチーム最多で、チームで唯一規定投球回を投げた。

 

www.youtube.com

2013.04.21 F0-11L 十亀がプロ初完封!! 打線も援護し日本ハムに大勝 - YouTube

 

▶︎個人年度別成績はこちら(2015年シーズン終了)※太字はリーグ最多


 
所属球団
 

 

 





 





 

 


 
 



 

 

 

 



 




2012 埼玉西武 41 6 0 0 9 0 0 0 1.000 223 53   50 4 17 3 41 1 0 16 16 2.72
2013 埼玉西武 28 8 8 0 1 6 2 2 .500 688 164 .1 158 12 44 9 122 3 1 68 63 3.45
2014 埼玉西武 21 4 5 3 2 1 1 0 .444 255 59   59 6 24 2 41 1 0 27 24 3.66
2015 埼玉西武 26 11 7 0 0 1 0 0 .611 644 152   145 19 53 8 107 1 0 62 60 3.55
  通 算 116 29 20 3 12 8 3 2 .592 1810 428 .1 412 41 138 22 311 6 1 173 163 3.42

 

 

【歴代の本格派サイドスロー投手】

 

▶︎高津臣吾

www.youtube.com

 

▶︎林昌勇

www.youtube.com

 

▶︎斉藤雅樹

www.youtube.com

 

 

【その他の情報】

 

▶︎なぜ先発転向で蘇ったのか?

DeNA山口俊、西武・十亀は、なぜ先発転向で蘇ったのか?|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva|Baseball

 

▶︎唯一無二の存在を目指す!

<西武ドラ1ルーキーの成長物語> 十亀剣 「強気で目指すは“本格派”」 - プロ野球 - Number Web - ナンバー

 

www.youtube.com

西武ライオンズ 十亀剣 特集 - YouTube

 

・同じタイプの館山昌平とはフォームもそっくりである。

www.youtube.com

20120706 十亀剣の投球フォーム - YouTube

 

www.youtube.com

2015/02/21 館山昌平のピッチング - YouTube

 

 

【その他の西武選手情報】

 

puroyakyuudeta.hatenablog.jp

 

puroyakyuudeta.hatenablog.jp

 

puroyakyuudeta.hatenablog.jp