読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球Wikipedia

戦後のプロ野球選手のデータをどんどん更新していきます

最強中継ぎ投手続々!そして、不名誉な記録も!《プロ野球現役選手 シーズン記録保持者 投手編》

 

 

47ホールド 59HP (2010年) 浅尾拓也 中日】

2010年球団新記録を更新する72試合に登板し、中継ぎながら12勝3敗防御率1.68と抜群の安定感を誇った。

そして47ホールド・59HPに加えて、21試合連続ホールドHPを達成日本新記録となった。

2010年の投手成績
防御率試合数投球回数先発完投完封無四球勝利敗戦ホールドHP勝率

1.68

72 80.1  0 0 0 0 12 3

47

59

.800
セーブ相手打者被安打本塁打奪三振与四球敬遠暴投死球

ボーク

失点自責点WHIP
1 307 60 4 75 10 0 3 1 0 16 15 0.87

 

 

46セーブ(2005年) 岩瀬仁紀 中日】

2005年、クローザー就任2年目にして日本記録となる46セーブをマークした。また、60試合登板ながら本塁打0だった。

この年以外にも4回40セーブ以上を達成し、9年連続30セーブという日本記録も持つNPB史上最強ストッパー。

2005年の投手成績
防御率試合数投球回数先発完投完封無四球勝利敗戦ホールドHP勝率

1.88

60 57.1  0 0 0 0 1 2 2 3 .333
セーブ相手打者被安打本塁打奪三振与四球敬遠暴投死球

ボーク

失点自責点WHIP

46

229 51 0 52 8 2 1 2 0 12 12 1.03

 

 

46セーブ(2007年) 藤川球児 阪神

2007年、71試合に登板し日本記録タイ(右投手としては最高)となる46セーブを記録した。

リリーフ投手初となる3連続となる100奪三振を達成するなど、高い奪三振率を誇る。

2007年の投手成績
防御率試合数投球回数先発完投完封無四球勝利敗戦ホールドセーブ勝率

1.63

71 83.0  0 0 0 0 5 5 6

46

.500

HP

相手打者被安打本塁打奪三振与四球敬遠暴投死球

ボーク

失点自責点WHIP

11

313 50 2 115 18 4 2 1 0 15 15

0.82

 

 

25暴投(2007年) 新垣渚 ソフトバンク※現ヤクルト】

2007年、21試合に登板し137.1回を投げ規定投球回数に未到達ながら、日本記録のダントツとなる25暴投を記録した。

この年以外にも4度シーズン最多暴投を記録した。通算暴投記録は歴代3位で現役最多の97である。

2007年の投手成績
防御率試合数投球回数先発完投完封無四球勝利敗戦ホールドセーブ勝率

3.60

21 137.1  21

2

1 0 7 10 0

0

.412

HP

相手打者被安打本塁打奪三振与四球敬遠暴投死球

ボーク

失点自責点WHIP

0

581 128 7 132 51 0

25

4 0 62 55

1.30

 

 

【その他の情報】

 

▶︎シーズン記録保持者

歴代最高記録 【シーズン記録ランキング】 | NPB.jp 日本野球機構

 

▶︎球界の珍記録

【歴代】プロ野球界の珍記録 - NAVER まとめ

 

 

プロ野球現役選手 シーズン記録保持者 野手編】

puroyakyuudeta.hatenablog.jp