読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球Wikipedia

戦後のプロ野球選手のデータをどんどん更新していきます

阪神から3選手登場!!《2015年 セ・リーグ 奪三振率 ベスト5(規定投球回以上)》

 

【5位 能見篤史 阪神 奪三振率7.05】

通算奪三振率7.81を誇る奪三振が多いポーカーフェイス左腕。例年に比べると低いが、5位にランクイン。

 

 

【4位 高木勇人 巨人 奪三振率7.20】

新人ながら独特の変化をする「高木ボール」を武器に、高い奪三振率を誇った。

 

 

【3位 前田健太 広島 奪三振率7.63】

通算四死球率2.07と抜群のコントロールと多彩な変化球を武器に、多くの三振を奪った。

 

 

2位 メッセンジャー 阪神 奪三振率9.03

最多奪三振2回獲得、奪三振率も昨年は1位だったがそれでも1イニングに1つ以上の三振を奪う成績で2位にランクイン。

 

 

1位 藤浪晋太郎 阪神 奪三振率9.99

最多奪三振(221個)の獲得ともに、堂々の1位となった。四死球もリーグ最多であり、制球力が課題か。

 

 

【2015年 パ・リーグ 奪三振率 ベスト5(規定投球回以上)】

puroyakyuudeta.hatenablog.jp