読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球Wikipedia

戦後のプロ野球選手のデータをどんどん更新していきます

全選手が初受賞!!《2015年 パ・リーグ月間MVP 投手編》

 

【3・4月度 大谷翔平 北海道日本ハム 初受賞】

5試合に登板し、投球回33 2/3・5勝0敗・防御率0.80・完投1・完封1・奪三振38・自責点3で文句なしの受賞だった。

自身初の開幕投手も務め、5回3/2を投げ1失点の内容で見事に勝利投手となった。

 

 

 

【5月度 B・ディクソン オリックス 初受賞】

 5試合に登板し、投球回34 2/3・防御率0.26・奪三振25・自責点1の成績を残した。

月間防御率0.26(投球回30回以上)は、リーグ史上4位という脅威の安定感を見せた。

 

 

【6月度 武田翔太 福岡ソフトバンク 初受賞】

4試合に登板し、投球回27・3勝0敗・防御率1.00・完投1・完封1・奪三振25・自責点3の成績を残した。

リーグトップタイの3勝に加え、3勝を挙げた規定投球回以上の投手のうち唯一の無敗だった。

 

 

【7月度 R・ハンデンバー福岡ソフトバンク 初受賞】

5試合に登板し、投球回32・3勝0敗・防御率2.53・奪三振41・自責点9の成績を残した。

リーグトップタイの3勝に加え、奪三振はリーグ単独トップだった。

 

 

【8月度 高橋光成 埼玉西武 初受賞】

5試合に登板し、投球回27 1/3・4勝1敗・防御率2.96・完投1・完封1・奪三振16・自責点9の成績を残した。

18歳6カ月での受賞は松坂大輔の18歳10カ月を更新し、両リーグ通じて最年少となった。

 

 

【9月度 石川歩 千葉ロッテ 初受賞】

 5試合に登板し、投球回33・4勝1敗・防御率2.18・奪三振18・自責点8の成績を残した。

リーグトップの4勝をマークし、チームのクライマックスシリーズ進出の立役者となった。

 

 

【まとめ】

2015年のパ・リーグ月間MVP 投手部門は、全選手が初受賞という珍しい結果だった。

さらに、全選手が入団4年以内で期待の新星揃いだった。今季も更なる活躍が期待される。

 

 

puroyakyuudeta.hatenablog.jp

 

puroyakyuudeta.hatenablog.jp