読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球Wikipedia

戦後のプロ野球選手のデータをどんどん更新していきます

《2016年 DeNA 開幕スタメン予想》ラミレス新監督が作る、若手揃いのDeNA打線!!

 

【2015年 DeNA開幕スタメン】

 

1番(二)石川雄洋

2番(中)桑原将志

3番(右)梶谷隆幸

4番(左)筒香嘉智

5番(一)ロペス

6番(三)バルディリス

7番(遊)倉本寿彦

8番(捕)黒羽根利規

9番(投)久保康友

 

 

【2016年 DeNA 開幕スタメン予想】

 

1番(三)白崎浩之

2番(中)荒波翔

3番(一)ロペス

4番(左)筒香嘉智

5番(右)ロマック

6番(遊)倉本寿彦

7番(二)柴田竜拓

8番(捕)戸柱恭孝

9番(投)井納翔一

 

 

DeNA打線 ポイント① 同じ顔ぶれが少ない】

主力の梶谷と石川2選手の調整が遅れている事もあるが、昨季の開幕スタメンと同じ顔ぶれは、ロペス・筒香・倉本の3選手のみ。

予想通りになるとは限らないが、残りのニューフェイス5選手がどんな働きを見せるのかで打線の厚みが大きく変わる。

 

 

DeNA打線 ポイント② 新1・2番コンビ】

7回DeNA2死一塁、白崎浩之は右越え2ランを放つ=横浜スタジアム(撮影・西岡正)

ラミレス新監督がオープン戦の間ずっと1・2番コンビとして固定していたのが、白崎と荒波の2選手である。

実に、オープン戦15試合中10試合が白崎・荒波コンビの先発だった。白崎は打率.347に加え7盗塁と好成績を残したが、荒波は打率.137と低迷。

この1・2番コンビがどう機能するかが、チームの躍進の鍵を握ると言っても過言ではない。

www.youtube.com

 

 

DeNA打線 ポイント③ 新クリーンアップ】

まずは不動の4番・筒香が今季も顕在。昨季5番だったロペスを3番に上げて、新加入のロマックが5番を担う。

オープン戦でも、筒香・ロペスは絶好調。ロマックは、適応に苦労しているがシーズン中に克服出来るか。

アベックホームランや3者連続ホームランが今季何度見られるだろうかも楽しみの一つである。

 

 

DeNA打線 ポイント④ 正捕手争い】

指揮官は捕手2人体制を掲げていたが、黒羽根・高城・戸柱の3選手が結局開幕一軍入りとなった。

開幕投手に指名されていた山口との相性を考えて高城の開幕マスクが有力視されていた。しかし右足首を負傷し、登板回避が決定。

それによりラミレス監督は「ほとんどの試合で戸柱を使う」と明言している事もあり、球団史上初となる新人開幕マスクの可能性も高まる。

 

 

puroyakyuudeta.hatenablog.jp

 

puroyakyuudeta.hatenablog.jp