読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球Wikipedia

戦後のプロ野球選手のデータをどんどん更新していきます

ヤクルト バラバラ三冠王の打点王を獲得!セ・リーグ最強打線の4番《畠山和洋》

畠山和洋

 

東京ヤクルトスワローズ #33
YS-Kazuhiro-Hatayama.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岩手県花巻市
生年月日 1982年9月13日(33歳)
身長
体重
180 cm
96 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手左翼手三塁手
プロ入り 2000年 ドラフト5位
初出場 2004年8月6日
年俸 9,000万円(2015年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

 

 

【経歴】

 

①プロ入り前

 

小学校から野球を始め、4年時には地元の少年団チームに加入した。

当時は野球だけでなくバスケットボールなど他のスポーツも楽しんでいた。

進学した花巻市湯口中学校にはバスケ部が無かったため、野球に集中する。

抜きん出た飛距離のバッティングで活躍したが、フォームは我流であった。

 

 

 

 

その後、専修大学北上高等学校に進学した。

1年生から三塁のレギュラーに定着し、打撃フォーム矯正に成功した。

1998年の第80回全国高等学校野球選手権大会では、如水館との1回戦で、引き分け再試合を含む2試合に5番三塁で先発出場。

計7打数6安打3打点と活躍するが、チームは惜しくも再試合で敗退した。

2000年の第82回全国高等学校野球選手権大会は一回戦で森岡良介要する明徳義塾と対戦し敗退。

自身も4打数無安打であった。

1年後にヤクルトから2巡目で指名を受ける梶本勇介は、高校の1年後輩である。

当時は2年生の梶本がエースで4番を務めており、畠山は3番三塁の出場であった。 

 

www.youtube.com

2000年岩手決勝 専大北上vs盛岡中央 2/17 - YouTube

 

 

②プロ入り後

 

2000年のドラフト5位で、ヤクルトスワローズから指名を受け、入団。

高校通算62本塁打と長打力はあったものの、待って取る守備や、走塁能力の低さなどから評価を下げ、下位指名となっている。

 

 

▶︎2年目(2002年)

新人ながら二軍のレギュラーに定着し、19本塁打・56打点でイースタン・リーグの本塁打王打点王の二冠に輝いた。

ただし、打率.25972三振という数字が示す通り、この頃の打撃は確実性に欠けていた。

また19失策中島裕之に次いでイースタン・リーグ2位だった。

 

▶︎4年目(2004年)

8月に軍に初昇格し、8月6日の対横浜ベイスターズ戦で初出場。この時は代打で2試合に出場するも結果を出せず、すぐに降格した。

10月に再昇格して10月7日の対読ジャイアンツ戦で、プロ初安打を放った。

 

▶︎5年目(2005年)

8月19日に一軍昇格し、その日の阪神タイガース戦に代打出場すると、プロ初本塁打を放った。

その後、9月まで代打を中心に出場するも11打数2安打2打点に終わる。

打席での消極性が指摘されるなど評価は芳しくなく、一軍定着の機会を逃した。

 

▶︎6年目(2006年)

キャンプから不調が続き、二軍スタートとなる。

6月に一軍昇格するも7打数無安打と結果を残せなかった。

二軍では好調を保ち、打率.313・7本塁打・101安打で最多安打を獲得している

当時二軍監督だった小川淳司は畠山について「確実性を意識すると長打が減ってしまう」と指摘し、目標を高く置くよう求めていた。

 

▶︎8年目(2008年)

開幕二軍スタートしたが、主力選手の故障や不振もあって4月8日に昇格。

5月18日の阪神戦で、初めて4番・三塁手で出場し、シーズン終盤まで4番として出場。

推定900万円の、12球団で最安値の4番打者としても注目を集めた。

最終的に121試合に出場しプロ入り初の規定打席到達を果たし、自己最多の9本塁打・58打点という成績を残した。

好球を待って右方向に流す安打が多く、53四球はチーム最多(セ・リーグ7位)であった。

しかしその反面、三塁手として6失策一塁手として5失策と守備に安定感を欠き、4番打者ながら試合終盤には代走や守備固めによる交代も多かった。

 

▶︎9年目(2009年)

新外国人の加入により、開幕直後は主に代打での出場となったが、代打で打率3割を上回るなど好調を維持し続けた。

しかし、交流戦から徐々に調子を落とし、8月には主力選手の離脱によってスタメン出場の機会が巡ってきたもの調子は上がらず、低調なままシーズンを終えた。

打率.236・4本塁打・19打点、得点圏打率.172と、前年より成績を落とした。

 

▶︎10年目(2010年)

当初は代打起用が大半だったが、6月下旬からスタメン起用が増え、オールスターゲーム以降はレギュラーに定着。

93試合出場ながら自己最多の14本塁打を記録し、出塁率.380・長打率.551と結果を残した。

三塁手の他に左翼手を任されるが、経験の浅さから打球の目測を誤ったり、送球難を露呈してしまうなど、守備面の課題を残した。

 

▶︎11年目(2011年)

開幕スタメンこそ逃したが、主に4番として出場しファン投票でオールスターゲームに自身初めて選出された。3点本塁打を打ちMVPを獲得した。

後半戦は終盤に調子を落としたが、それでもシーズンを通してチームの4番として恥じない活躍を見せた。

リーグ2位の23本塁打、リーグ3位となる85打点、リーグトップの78四球を記録した。自身初の1年間登録抹消されずにシーズンを送った。

 

▶︎12年目(2012年)

開幕から調子が上がらず、4番を外され下位打線で起用されることもあった。

オールスターゲームには監督推薦で選出され、2年連続の出場を果たす。

7月23日の第3戦では、全セ・4番スタメン出場。ソロ本塁打を放つなど、4打数2安打1打点をマークし、敢闘選手賞を獲得。

 

 ▶︎13年目(2013年)

オープン戦首位打者を獲得するなど、好調なスタートを切ったと思われたがシーズンが開幕すると調子を下げ6月17日の登録を抹消される。

7月5日に再登録され、復帰戦で本塁打を放つなど復調の兆しを見せるも結局打率は2割前半からなかなか上がらなかった。

8月末に二軍落ちし、9月には練習中に左脇腹を痛めて戦線を離脱することになり、残りのシーズンを棒に振った。

 

▶︎14年目(2014年)

復活と飛躍のシーズンとなる。6番ファーストでスタメンとして迎えた開幕戦から一時離脱するものの、打ちまくった。

この年リーグトップの得点の記録した強力ヤクルト打線の中軸を担う活躍を見せた。

最終的には本塁打17、リーグ7位となる79打点、規定打席に到達し、自己最高となるリーグ8位の打率.310をマーク(規定3割は初)し、まさに復活の一年となった。

得点圏打率はリーグ2位の.402を記録し、ここ一番での勝負強さも発揮した。

 

▶︎15年目(2015年)

4月26日の巨人戦でプロ野球史上273人目の通算100本塁打を達成。

シーズン通して低打率だったものの、5月以降ホームランを量産し、雄平に代わって4番に座る。

後半戦は足の負傷の影響もあり、ホームランのペースも下がったが、キャリアハイの26本塁打を記録。

チーム日本人最多記録となる打点105を記録し打点王のタイトルを獲得。優勝を果たしたヤクルト打線を牽引した。

 

 

▶︎個人年度別成績はこちら(2015年シーズン終了現在)※太字はリーグ最多


 
所属球団
 

 

 

 

 







 

 

 



 

 

 

 

 



 




2004 ヤクルト 4 9 8 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 .125 .125 .222
2005 ヤクルト 11 13 11 1 2 0 0 1 5 2 0 0 0 0 2 0 5 0 .182 .455 .308
2006 東京ヤクルト 7 7 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 3 0 .000 .000 .143
2007 東京ヤクルト 37 88 75 4 17 2 0 1 22 7 0 1 2 0 10 1 20 2 .227 .293 .326
2008 東京ヤクルト 121 479 416 43 116 22 2 9 169 58 2 1 1 4 53 5 84 11 .279 .406 .364
2009 東京ヤクルト 85 214 182 14 43 8 1 4 65 19 0 1 1 4 27 0 31 7 .236 .357 .329
2010 東京ヤクルト 93 280 243 38 73 17 1 14 134 57 0 0 1 3 28 5 38 7 .300 .551 .380
2011 東京ヤクルト 142 583 494 66 133 24 1 23 228 85 1 0 1 4 78 6 94 10 .269 .462 .373
2012 東京ヤクルト 121 497 455 49 121 21 1 13 183 55 2 1 1 2 37 2 64 13 .266 .402 .323
2013 東京ヤクルト 99 393 360 28 79 18 0 12 133 51 0 0 2 1 30 0 69 10 .219 .369 .279
2014 東京ヤクルト 113 464 422 52 131 19 1 17 203 79 2 0 1 3 36 2 54 17 .310 .481 .365
2015 東京ヤクルト 137 584 512 64 137 26 0 26 241 105 0 0 0 8 62 2 92 10 .268 .471 .344
  通 算 970 3611 3184 359 853 157 7 120 1384 518 7 4 10 29 365 23 554 87 .268 .435 .345

 

www.youtube.com

畠山和洋100号ホームラン達成!4月26日2015年第6号!ヤクルトvs巨人 - YouTube

 

 

【タイトル】

打点王(2015年)

 

 

【表彰】

ゴールデングラブ賞:1回(2012年)

オールスターゲームMVP:1回(2011年第1戦)

オールスターゲーム敢闘賞:1回(2011年第3戦)

・月間MVP:1回(2015年6月)

 

 

【史上初のバラバラ三冠王達成!】

 

kslerujsnks3

 

▶︎3人それぞれの胸中

川端、山田、畠山。史上初の「バラバラ三冠王」を達成した3人の思い|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva|Baseball

 

 

▶︎真中監督の采配的中!!

大躍進の真中ヤクルト、強打トリオの配置絶妙 :日本経済新聞

 

 

▶︎不良選手だった畠山が打点王になるまで

優勝ヤクルト四番・畠山和洋 遊び好きの元「不良選手」が打点王になるまで | スポーツ | 現代スポーツ | 現代ビジネス [講談社]

 

 

▶︎山田と川端で腕時計を賭けていた?!

ヤ山田vs川端、首位打者&腕時計争奪戦 - プロ野球ニュース : nikkansports.com

 

 

【その他の情報】

 

専修大学北上高等学校時代、1年生ながら3年生の実兄と共に甲子園出場を果たしている。実父も同校にて投手として1972年に選抜出場を果たしている。

 

www.youtube.com

1998 熱闘第6話 専大北上 対 如水館 - YouTube